低インシュリンダイエットとリバウンド

低インシュリン

低インシュリンダイエットという言葉を聞いた事もあるのではないでしょうか?

 

ブドウ糖は、食事で摂った炭水化物が分解してブドウ糖になりますが、ブドウ糖は血糖値をあげてエネルギーとして使われます。しかし余分に取り過ぎた糖分は脂肪として貯蓄されます。

 

血糖値が上がったら分泌されるのが、膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンです。炭水化物を摂らなければ、インシュリンの量も抑えられるのです。

 

しかし、炭水化物は主食であり、脳の唯一の栄養素なんです。だから、炭水化物を摂らないと脳に栄養が行かない為、脳の活動が鈍ってしまいます。

 

元気がなくなるダイエットといってもいいでしょう。基礎代謝が低下するため、リバウンドする可能性も高いという事にも繋がります。

 

糖分を摂り過ぎている人は控える事も重要ですが、必要以上に炭水化物をさける理由はないです。

▲低インシュリンダイエットとリバウンド 上へ戻る
低インシュリンダイエットとリバウンド 先頭へ戻る