脂肪燃焼の効率が悪くなってしまう?

脂肪燃焼

酸素がいきわたりにくい状態の人は、同じ行動量の人よりも、体がうまくエネルギーを消費できなない為、脂肪燃焼の効率が悪くなってしまう訳です。つまり太りやすい体質です。

 

太もも周りの太さや綺麗さに大きく関係してきます。だって皮膚に栄養がいきわたりにくいわけですから、肌も艶や潤いもなくなります。

 

太ももの筋肉太りを解消するためには、酸素や栄養を運ぶ血液の流れを改善することが重要なのです。

 

モデ痩せでは、酸素の運搬の能力に関係する、ミトコンドリアというものが体内に存在しますが、ある方法で、最大限に活性化させて行きます。

 

ミトコンドリアを活性化させることで、体全体に酸素を送る能力が上がるわけですから、無理な食事制限や激しい運動をしなくても脂肪燃焼しやすい、また太もも周りが細くなる体の環境づくりを作っていきます。

 

そして、食べてもしっかり体が栄養を消費する太らない体質に変わっていきます。体質が変わってくると、体重以上に見た目が大きく変わってきます。太ももの筋肉太りでもそうですが、むくみや脂肪でも太くなります。また血液やリンパの流れも悪くなり、太ももが膨張して見える事にも繋がります。

▲上へ戻る