絶食ダイエットとリバウンド

絶食ダイエット

色々なダイエット方法はありますが、まずは絶食を考える人も多いのではないでしょうか?

 

「食事量を減らすと体重が減る」ので、絶食すると食事量が激減するため、短期間で体重も激減します。

 

しかし、食事量を元に戻したりすると、あっという間に体重が元通りです。絶食は結局痩せることができるでしょうか。

 

ダイエットの天敵「リバウンド」が待っていますし、絶食ダイエットであればリバウンドする期間もあっという間です。

 

体重が大幅に減って喜んでいるのも束の間、「リバウンド」してしまいます。

 

また絶食は食べる太るという意識も働きやすく、食べると嘔吐するという食べる事の罪悪感を感じやすくなります。

 

絶食で痩せるにも、普通のダイエットをする人も目標は『痩せたい!』と言う事です。

 

痩せる為に食べたいものを我慢して絶食にチャレンジします。

 

絶食の甲斐があって、ダイエットに成功しても、また新たなスタートで、体重が戻らない努力をしないといけません。

 

絶食ダイエットは体型よりも体重がメインな為、体重が減っても体型は良くならないです。

 

しかし、なんとしても体重が戻っては困りますから、食べることへの罪悪感は募るばかりです。

 

食事を食べても制限し続け、食べたいものが食べれない!という負のスパイラルが絶食ダイエットには付きまといます。

 

そう考えると絶食ダイエットって終わりがないですよね。永遠にダイエット中になってしまいます。

▲上へ戻る